結婚式二次会招待状の書き方、手作りのポイントをご紹介するペーパーアイテム基礎知識ページ。

【フリーコール(通話料無料・携帯OK)】 0120-28-3039 【受付時間】月〜土 10:00〜19:00 / 定休日 日・祝祭日


ペーパーアイテム基礎知識

二次会招待状はがきの基礎知識

二次会招待状はがきの作成、発送、出欠確認は、新郎新婦の名義で招待する場合も、幹事の協力を得るのがよいでしょう。新郎新婦のおふたりは結婚式や披露宴の準備などで大忙しとなっているはずです。
ここでは二次会招待状はがきの基礎知識と書き方のポイントをご紹介します。
商品を注文される方は下記内容とあわせて、おおよそのスケジュールをこちらよりご確認ください。

はがき種類と文例
単判はがき・往復はがき

往復はがきを返信してもらえば、ゲストも二次会出席の意思表示をした記憶が残ります。
披露宴の招待状に同封する場合は、単判はがきにします。
返信期日は余裕を見て、パーティの1ヶ月以上前に設定しましょう。


文例
【文例:新郎新婦が招待する場合】 画像:新郎新婦から招待

新郎新婦からのはがきなので、印象に残りやすくなります。
しかし、ゲストが新郎新婦宛に返信するため、幹事は新郎新婦からはがきを受け取らなければなりません。

【文例:幹事が招待する場合】 画像:幹事から招待

   幹事宛に返信するので、出欠確認が簡単です。


二次会招待状はがきの内容
1. ドレスコードは具体的に書く

ドレスコードを設ける場合には、「カジュアルシック」「スマートカジュアル」などと記載しても問題ありませんが、「男性はジャケット着用」「キラキラしたアイテムを身につけて」など具体的な服装を書いておけばゲストも安心です。


2. 来場方法や駐車場の有無を記載する

最寄駅だけでなく、駅からの道のりや所要時間などの情報も添えましょう。地図もついているとより親切です。車で来る人のために、駐車場の有無も明記しましょう。


出欠確認は本番1ヶ月前までに

発送後2週間くらいを返事の締め切りに設定し、パーティ1ヶ月前には全部そろえるようにします。


  • 二次会招待状の商品一覧はこちら

ページの先頭に戻る